ある日、needleptさんのお母さんは、デパートの裏で1匹の野良猫を見つけました。

重機の下に住んでいた猫は、近寄ることもできないほど、人を警戒していたといいます。

それでもお母さんは諦めず、彼をブロンディと名付け、来る日も来る日も食べ物を届けてやっていました。

そうしたコミュニケーションを何ヵ月も続けているうちに、怖がるばかりだったブロンディも心を開き始め…

「やがてブロンディの方から、母に近づいてきたんです。

2人は、まるで語り合っているみたいに、何時間も一緒に座っていました」

以来ブロンディは、美味しいごちそうを持ってくるお母さんを「お出迎え」するように。

身体や頭を撫でられるのが、どれほど気持ちいいことかも理解しました。

ここまで信頼してくれたのなら大丈夫。

初めて見つけてから実に1年近くの時を経て、お母さんは、ブロンディを家に連れて帰ることを決心します。

彼女は早速、彼を獣医さんに診てもらいました。

その結果…

ブロンディは、死亡率が非常に高く、治療も不可能とされる猫伝染性腹膜炎(FIP)を患っていることが判明。

無論、それでも、needleptさん一家はブロンディを見捨てることなどしませんでした。

温かい家に連れて帰り、他のペットたちと一緒に、大切な家族の一員として迎え入れたのです。



「それからしばらくして、ブロンディは亡くなってしまいました」

needleptさんは、こう続けます。

「まるでスーパーヒーローのように、私の母は、3人の子どもや友達、そして数え切れないほどの動物たちを守ってきました。

無償の愛とは、まさに彼女の抱く愛を指しているのだと思います」

14ヵ月という時間を経て、愛されることの喜びを知ったブロンディ。

天国に旅立つまでの日々、「家族」として過ごした時間は、彼にとって、なにものにも代えがたい貴重な経験だったはずです。

その魂は今も、お母さんのすぐそばで、優しく微笑んでいることでしょう。


泣ける – BUZZmag でさらに詳しく読む